HOME > ESG

Sky Solar Japan

ESG

環境、社会、ガバナンス

境・気候変動への貢献

Sky Solar Japanが現在保有する
再生エネルギー発電施設が
1年間稼働することによるポジティブインパクト

CO2削減量「杉の木」

CO2削減量「杉の木」

0 万本

CO2削減量

CO2削減量

0 トン/年間

1年間の世帯消費電力

1年間の世帯消費電力

0 世帯分

石油削減量

石油削減量

0

リットル

数値は太陽光発電協会、環境省に基づき算出、2020年6月末時点

脱炭素社会の実現へ

炭素社会の実現へ

環境保全への世界的な意識の高まりは、さまざまな取り組みにつながり、その成果は徐々に現れ始めています。
企業が「自らの事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う」とするRE100にも、日本を含め世界中の企業が参加しています。
また、投資の世界でも、環境・社会・企業統治のESGを重視する企業を高く評価する考え方が広まっています。
こうした世界的な傾向の中、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー事業は、CO2排出量を削減し地球温暖化を止める脱炭素社会の実現において、大きな期待を集めています。
CO2排出量削減ルールは、先進国だけでなく、あらゆる国々に適用されることから、今後も再生可能エネルギーの必要性はますます認識されることでしょう。

地域活性化への貢献

域活性化への貢献

再生可能エネルギー事業の地域への貢献としては、従来は遊休地活用や地域雇用拡大などが挙げられました。
ここに新たに「地域活用電源」としての可能性がクローズアップされています。
地域活用電源とは、大規模な自然災害が起こった際、いち早くその地域で必要な電力を供給するための電源のことです。
太陽光発電は自立運転が可能で、火力発電や原子力発電の停電時にも有効活用することができます。
Sky Solar Japanは今後も、地元に根ざした発電事業を継続していきます。

TOPへ戻る